今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜視の矯正手術を受け「モテる予感が満々」テリー伊藤


斜視の矯正手術を受けた演出家テリー伊藤氏(57)が23日、治った左目を初公開した。18歳の時に学生紛争で負ったけがで斜視になり、39年ぶりに青春時代の顔を取り戻した。「モテる予感が満々」と新ルックスに満足そうなテリー氏は「これからは早大・斎藤佑樹投手みたいなさわやかな一面もアピールしていきたい」と、大胆なキャラ変更も打ち出している。
 手術から約2週間、テリー氏が照れながら眼帯を外すと、視線がまっすぐになった新しい左目がお目見えした。斜視に見慣れた関係者らが「おお」と拍手でどよめく中、テリー氏は「18歳の自分に再会した感じ。モテる予感が満々だね。ロン毛にする! 胸毛も生やす!」。テレビ番組企画で手術をめぐる一部始終を見守ったカラテカ矢部太郎(29)から「今度は僕の包茎手術を応援してください」と祝福され「よし。夏になったら一緒に湘南にナンパに行こう」と手放しで喜んだ。続きを読む

国民年金・政治資金・問題だらけ!


国会答弁での審議みてるとなんとも腹立たしい意見ばっかり
長勢法相 奇妙なカネの流れ

松岡農水相や伊吹文科相の事務所費問題が非難された安倍政権に、またカネ絡みの疑惑だ。長勢甚遠法相(63)の政治資金収支報告書にも“怪しい記載”が発覚した。
 長勢の資金管理団体「長政会」と、秘書官が代表を務める政治団体「新時代政策研究会」は同じ場所にあり、会計責任者も同一人物。その新時代政策研究会は長政会から05年700万円、04年650万円、03年500万円と、6年間で4000万円近い寄付を受けていた。右から左のキャッチボール。しかも、カネの使い道がデタラメなのだ。
「『会合費』名目の飲み食いがスゴい。赤坂の高級料亭やホテルで1度に50万円以上が使われ、05年には総額225万円を計上している。また『贈答物品代等』として、高島屋で計70万円、銅器店で50万円の買い物をし、計280万円を支出しています。新時代政策研究会は会員数ゼロ。怪しいにおいがプンプンします」(永田町関係者)
 なぜ資金管理団体から政治団体にカネを移したのか。政治評論家の有馬晴海氏によると、「議員自らが代表を務める資金管理団体の場合、支出によっては自分に火の粉が降りかかるケースがある。それで、他人が代表を務める政治団体を迂回して、支出を報告する政治家もいる」という。
 長勢はかつて、労働省所管の公益法人から違法献金を受けて返上。今年2月には選挙運動費用収支報告書に実際とは異なる記述がバレて訂正している。こんな男に法務大臣を任せていいのか。

どうなってんだか、公私混同というよりも詐欺的な感じがする。
もっとクリーンな話はないもんでしょうか?

引用:yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000010-gen-ent

7000万円申告漏れ 「中村勘三郎」


歌舞伎俳優の中村勘三郎(51)が、東京国税局の税務調査で、襲名披露時に受け取った祝儀の申告漏れを指摘されていたことが21日、分かった。
 申告漏れは05年までの3年間に7000万円。うち約2000万円については隠蔽工作による所得隠しと認定された。
 勘三郎の妻と長男の勘太郎(25)、二男の七之助(24)の家族や後援会の代表らも一斉に調査を受けた。追徴税額は重加算税などを含め約3000万円に上り、修正申告済み。
 勘三郎は、勘九郎から05年に18代目勘三郎を襲名し、襲名披露パーティーで多額の祝儀を受けながら、事業所得として申告せず、架空の人件費計上などで所得を圧縮していたという。
 襲名披露の祝儀をめぐっては、落語家の林家正蔵の約2000万円の所得隠しが指摘されたばかり。


ご祝儀ってかなりの金額になるんですね!この間も『どうもすいませ~ん!」って謝ってた方もいたような?一般人には隠す余裕どころか取り上げられる一方なのに・・・

引用:yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000004-gen-ent

パリス・ヒルトン、実刑判決に!


パリス・ヒルトン、判決のトラウマで裁判での証言はムリでもパーティーはOK?
パリス・ヒルトンが自分の実刑判決に動揺し、予定していた他の裁判での証言ができないと言い出した。この裁判とはゼタ・グラフがヒルトンに対し、1000万ドルの損害賠償を求める名誉毀損訴訟。グラフはヒルトンの元婚約者パリス・ラシスの元カノで、自分に関するウソをマスコミに流したとして2005年7月にヒルトンを訴えていた。ヒルトンの精神科医は、「動揺がひどく、裁判への出席と証言は無理」と法廷で語り、裁判官もこれを了承。裁判はヒルトンの出所後の8月に持ち越された。

しかし、精神科医が証言する2日前の夜、ヒルトンはナイトクラブで楽しんでいる姿が目撃されている。グラフの弁護士は「ナイトクラブに行けるくらいなら、代理人を立てて、証言はできない状態にあるなどと言うべきではない」とコメントしている。

引用:yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000034-flix-movi

『アンジェリーナ・ジョリーに似てるね』サトエリ


第60回カンヌ国際映画祭】サトエリ、胸の谷間作りで会見に20分遅刻!
現地時間22日、第60回カンヌ国際映画祭「批評家連盟週間部門」に選出された、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(日本公開は7月)の主演・佐藤江梨子、佐津川愛美、吉田大八監督が日本メディアの取材を行った。佐藤は、南仏カンヌの開放的な陽気も手伝ってか、爆裂トークを展開した。

 取材時間より約20分の遅刻をしてきた佐藤は「すいません。胸の谷間を作るのに時間がかかってしまって」と、冒頭から絶好調。カンヌの印象を尋ねられると、「私、実は昨日、フランス人に『地元を案内してあげるよ』とナンパされたんです。向こうは私をロシア人だと思っていたみたい」と自らネタを提供するサービスぶりだ。続きを読む
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。