美脚・パンチラで奮起を期待したい長谷川京子・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美脚・パンチラで奮起を期待したい長谷川京子


長谷川京子(28)にとっては憂鬱な春といえるだろう。映画、連続ドラマのどちらもパッとしないから、当然か。  映画は7日公開の「大帝の剣」。江戸時代を舞台にした破天荒なSF時代劇で、世界を制する力を持つ“三種の神器”を求めて戦う物語だ。主役は大剣を背負う阿部寛で、ヒロインが姫と宇宙人に寄生されるキャラクターの1人2役を演じている長谷川。今のところ興行的にかなり厳しい。 「すでに興収30億円を超えている『どろろ』などに比べると作品の知名度が低くて、盛り上がりもない。興収は予想で5億円以下。惨敗です」(映画関係者)
連ドラは12日スタートの「孤独の賭け~愛しき人よ」(TBS)。原作は62年に出版された五味川純平の「孤独の賭け」で、時代設定を現代に置き換えている。主演はカリスマ社長を演じる伊藤英明、ヒロインが伊藤から自分の体を担保に2500万円を借りるデザイナー役の長谷川。初回視聴率は11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低調だった。  ハセキョーにとってダブルパンチである。3月に終了した連ドラ「華麗なる一族」(TBS)では木村拓哉の妻を演じて気を吐いただけに、モヤモヤしているはずだ。 「最近のハセキョーはセクシー路線を強調している。『大帝の剣』の舞台挨拶ではパンツが見えそうな超ミニのワンピースで登場。連ドラではミニスカートをはいて“美脚美人”を演じている。勝負をかけているという雰囲気があるので、期待したいのですが……。映画は巻き返しが難しいかもしれないけど、3カ月続く連ドラはエッチな成り上がり女を演じて頑張って欲しい」(事情通)  伊藤とのベッドシーンを演じる可能性も大でファンにはワクワクもの。腐らずに頑張れ。 (引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。