松坂大輔 「マラソンから勇気もらった!」・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂大輔 「マラソンから勇気もらった!」


【ボストン=米沢秀明】翌17日に今季3度目の登板を控えたレッドソックスの松坂大輔投手は16日、愛国記念日祝日とボストンマラソン大会で盛り上がるフェンウエイパークで、試合前のわずかな時間を使って軽い調整を行った。ボストンマラソン大会車いすの部では、2人の男女日本人選手が優勝。松坂は「自分も負けないように頑張りたい」と勇気をもらってトロントへ向かった。
前日悪天候のため中止となったエンゼルス戦は、8月17日にダブルヘッダーに組み込まれたが、この日も早朝から雨模様。2時間遅れで試合開始となった。松坂は試合前に雨が弱まったところでグラウンドへ飛び出し、キャッチボールなどの調整を行った。  そのころ球場脇では、第111回ボストンマラソン大会がクライマックス。車いす部門男子の副島正純選手(36)が後続を6キロ引き離し、1時間29分16秒でゴールテープを切った。さらに、女子部門でも土田和歌子選手(32)が1時間43分29秒でアベック優勝。  沿道からは松坂効果で熱い声援が送られた。優勝後、地元メディアが、「ボストンは今、松坂人気だが…」などと問いかける場面もあった。土田は「松坂さんのおかげで、日本人に対する大きなボストンの応援を感じた」と感謝の弁。副島は「優勝したら、ボストンにいるうちに松坂さんとお会いできるかなと期待してました」と語った。  松坂はこの日の試合直後にトロントへ向かったため、面会はならなかったが、「条件が厳しい中、優勝されるのはすごいことだと思います。本当におめでとうございます。自分も負けないように頑張っていきたいと思います」と、決意を新たにしていた。 (引用:yahooニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。