[団塊世代]売れ筋商品に法則なし 業界は試行錯誤・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[団塊世代]売れ筋商品に法則なし 業界は試行錯誤


今年から始まった団塊世代の大量定年。3年間で約50兆円ともいわれる退職金や、人生を見つめ直すための自己投資の行方に注目が集まっている。産業界はあの手この手の知恵を絞るが……。
■売れてます

 20~30代の女性向けとして昨年9月に発売された化粧品が、団塊の女性たちに人気を呼んでいる。コンサルタント会社の「ヒューマンディスカバリー・インターナショナル」(東京都渋谷区)が開発した「CVFクリアジェル」だ。カボチャやニンジン、トマトなど5種類の野菜エキスと、金属のプラチナを混ぜた、ピンク色の化粧ジェル。見た目にも若者向けだが、インターネットや口コミで人気が広まった。


 1個7980円と高価だが、50代の購入が目立つ。尾形圭子社長は「肌荒れに困っている若い女性の会社員が多いので開発したら、意外な形で人気をいただいた」と驚く。


 ドイツの高級車「BMW」は、昨年の国内販売台数が4万9014台で、前年(4万4980台)と比べ約9%増えた。売れ筋は400万~1000万円。広報担当者は「団塊世代の客が核になっており、『一度は乗りたかった』という声をよく聞く」と話す。

■悩んでます

 国立社会保障・人口問題研究所によると、1947~49年の3年間に生まれた団塊世代は、昨年10月1日現在で約675万人。国内の就業者(今年1月現在で約6373万人)では、7.8%に相当する約500万人が団塊世代とみられる。


 だが、団塊世代とひとくくりにしても、生活・消費スタイルに一定の法則があるわけではない。産業界には「団塊向けの商品開発は極めて難しい。味の好みが一定でないから」(大手ビール会社)という声や、「年輩者向けのセールは売れ行きが悪い。『まだ若いんだ』という気持ちが強いんでしょう」(大手百貨店)という悩みがある。

大量定年のあとは大量の経済効果が消費されるとちょっとは景気も一部よくなるんでしょうかね?

(引用:ライブドアニュース


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。