ボロボロの「新銀行東京」・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロボロの「新銀行東京」


石原都知事の肝いりでスタートさせた「新銀行東京」が大変なことになっている。新銀行は、昨年9月の中間決算で154億円もの大幅赤字を計上、そのため、第3四半期(10?12月)決算発表が注目され、それに合わせて、「経営再建策」を発表するとしていた。
ところが、3月半ばを過ぎても四半期決算はおろか、再建策も出てこない。
 新銀行は「でき次第発表します」(経営企画グループ)と繰り返すが、知事選でこの問題がクローズアップされないように発表を遅らせているのではないか。
 石原知事は先月の都議会でこう答弁している。
「不慣れな仕事を不慣れな人にやらせた。自動車のセールスのように物を売ればいいというような業務じゃない。そこら辺に勘違いがあった」
 経営不振をトヨタ自動車出身の仁司泰生代表に責任転嫁したのである。
「不良債権処理に汲々とする既存銀行では中小企業の資金ニーズに対応できない??。これが04年3月に1000億円の出資を決めた新銀行設立の趣旨。しかしこの時期、メガバンク5グループは揃って黒字決算に戻り、中小企業融資を再開していた。新銀行が開業したところで出遅れは明らかで、石原知事のビジネスモデルは最初から破綻していたのです」(都庁関係者)
 石原に近い幹部は、東京都と関係の深い大手企業に「新銀行から金を借りてくれ」と泣きついているが、企業側は「2%の利率で社債が発行できるのに、それより高い金利で借りると、株主代表訴訟を起こされかねない」と逃げ回っている。
 すでに水面下では地銀や信金への売却を模索しているという話もあって、石原サイドは新銀行隠しにヤッキである。


(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。