やんちゃ坊主 朝青龍・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんちゃ坊主 朝青龍


「俺を倒せる横綱が早くあがってきて欲しい」と先場所の会見で大物ぶり?してた横綱
朝青龍、また問題が!
大荒れ朝青龍、座布団蹴った「物言いつけろ」…

◆大相撲夏場所10日目(22日・両国国技館) 横綱・朝青龍(26)=高砂=が痛恨の黒星を喫した。東前頭4枚目・安美錦(28)=安治川=に寄り倒され、全勝がストップ。取組後は花道で座布団を蹴り上げるなど荒れまくった。綱取りを目指す大関・白鵬(22)=宮城野=は、西前頭4枚目の栃煌山(20)=春日野=を下して全勝を守り、単独トップ。24年ぶりの千秋楽全勝対決の夢は消えたが、終盤戦へ両者の激しいデッドヒートがさらに過熱する。
敗戦の花道。ぶぜんとした表情の朝青龍が、左足で座布団を蹴り上げた。「邪魔だからどけただけだよ」場内を整理している出方へ直撃する蛮行にも悪びれない。「物言いぐらいつけてくれよ」支度部屋で腰を下ろすと、今度は審判への不満を爆発だ。大荒れの言動が逆に1敗の重さを物語る。「甘く見た。立ち合いに失敗。自分に失敗。全部失敗だ」。敗因は自滅だった。

 立ち合いで右の張り差しを狙ったが、逆に安美錦の右差しを許した。左から強引に小手に振ったが、相手は体を預けてきた。そのまま向こう正面へ。同体にも見えたが、軍配は安美錦。物言いがつかない裁定に表情が怒りで紅潮した。正面の三保ケ関審判長(元大関・増位山)をにらみつけると、礼もせず土俵を下りた。

 支度部屋ではカメラマンに「お前ら近づきすぎだ」と八つ当たり。最後の小手投げには「強引だったら、骨を折るぐらいでなきゃ意味がない」との言葉も飛び出した。「横綱は負けても悔しがっちゃいけない」。北の湖理事長が明かした横綱の美学を踏みにじる蛮行の連続だった。

 大荒れの原因は白鵬だ。場所前に綱取り阻止を宣言したが、目の前で10連勝を決められ、心にさざ波が立った。加えて9日目からサポーターを巻いた右ひじのじん帯負傷も発覚。「違和感がある」。万全でない状態が焦りを呼んだ。

 土俵下に落ちた時に右すねを打撲した。足と腕に爆弾を抱えた。痛恨の1敗で、83年秋以来の千秋楽全勝対決は消えた。「白鵬のことは考えてねぇ。追いかける方が楽だ」。02年九州の初優勝から2場所連続のV逸はない。11日目は25連勝中の琴光喜。不覚を取れば最強伝説に暗雲が立ちこめる。

相撲ファンからももっと「物言い」しなければアカンね!
白鵬チャンス!!

引用:yahooニュース
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000088-sph-spo
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。