「求む。人間らしい仕事」って何?・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「求む。人間らしい仕事」って何?


「ネットカフェ難民」約7割の店舗に滞在、調査で明らかに

全国青年大集会実行委員会が20日発表した「ネットカフェ暮らしの実態調査結果」によると、4月19日から5月18日までの1カ月間、全国19都道府県のネットカフェ94店舗の聞き取り調査を実施し、店舗からの回答や利用者からの情報があった93店舗中、約7割の65店舗で長期滞在者がいることが明らかになった。ネットカフェ業界関係者では3年くらい前から問題になっていたという。
店舗での聞き取り調査では「それらしい人は来ますよ。このあたりのお店をローテーションしているようで、何回かに一回来る人がいます」(千葉・津田沼駅前)などの回答があった。また、週に数日間宿泊しているケースでは、労働時間が長くて家に帰れずに利用している事例が多いが、「ネットカフェに週1~2回泊まる。他は友達の家にいく。1カ月前から家が無い。仕事をするにも家を決めないといけないけど、借りる時の保証人がいない。父がガンのために働けないから、家を借りることもできない」(千葉・松戸駅前、39歳女性)といった深刻な事例が見られる。

 さらに、家が無く長期滞在しているケースでは、利用者の切実な声が寄せられた。

 「家が無く、2年くらいずっとネットカフェに泊まっている。専門学校を出てテレビ局のアシスタントになったが、1日中働かされ、時給にしたら400円ほど。心も体も疲れて退職した。次の仕事を見つけたけど収入が大幅に減り、アパートの契約更新のお金を貯金することができなかったために、契約更新ができず、家を出ざるを得なかった。今は深夜にテレビ関係のアルバイトをしている。夕方4時にネットカフェを出て朝まで働き、朝6時にネットカフェに帰ってくる毎日」

 「月収は20万円ほどあるが、仕事が不安定なために、いつ収入がなくなるかわからず、アパートを借りようと思えない。年金や国民健康保険の保険料は未払い。病気になったら友達に保険証を借りようかなと思っている。親に心配をさせたくないので『アパートに住んでいる』。このネットカフェには同じようにずっと住んでいる人が30人くらいはいる。20代から40代の人で、みんな日雇いバイト風の人」(東京・蒲田駅前、24歳男性)。

引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。