「サボテン女」米倉涼子・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サボテン女」米倉涼子


女優の米倉涼子(31)が、7月5日スタートのTBS系連続ドラマ「肩ごしの恋人」(木曜・後10時)に主演することが20日、分かった。

 同ドラマは直木賞を受賞した唯川恵さんの同名小説が原作。米倉が演じるのは結婚に及び腰の通販会社OL・早坂萌役。友人で常に恋愛していないと生きていけない自称「鮫科の女」室野るり子という対照的な性格の女性との友情と、それぞれの恋愛模様を描く物語だ。
貴島誠一郎プロデューサーは「萌はうるおいがなくて取っつきにくい『サボテン女』。『鮫科の女』との女同士のあけすけな会話やトークバトルを期待したい」と語る。ストーリーでは萌は高校生の家出少年(佐野和真)の面倒を見るうちに結ばれ、妊娠してしまう刺激的な展開も待っている。

 最近は松本清張作品など“悪女”を演じることが多かった米倉だが、今回は「悪女から離れ、悪巧みのないまっとうな恋(?)を堪能させていただきます。すてきな服とすてきな男性に囲まれて、この夏の3か月が今から楽しみ」と意気込む。貴島プロデューサーは「フィクション的な役どころが多かったけど、いい年の取り方、いい経験をして素を語れるようになった」と米倉を評する。最近では、かつて交際していた市川海老蔵(29)に対するコメントを求められても余裕を持って答えるなど、内面的な成長も起用の決め手と言えそうだ。共演は田辺誠一(38)、永井大(29)、若村麻由美(40)ら。

引用:yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000058-sph-ent
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。