元妻とのトラブル原因か?<愛知立てこもり>・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元妻とのトラブル原因か?<愛知立てこもり>


愛知県長久手町で元暴力団組員の大林久人容疑者(50)が人質を取って自宅に立てこもり、拳銃を発砲して警官1人を死亡させたうえ別の警官ら3人にけがをさせた事件で、人質になっているのは大林容疑者の元妻の森三智子(50)さんであることが分かった。同県警は森さんが大林容疑者の家庭内暴力について警察に相談していたことを把握しており、こうしたトラブルが事件の動機になった可能性もあると見ている。大林容疑者は発生から約21時間たった18日午後1時現在も、立てこもりを続けている。
 調べなどによると、森さんは05年11月ごろ、県警愛知署に大林容疑者の家庭内暴力などについて相談に来ていた。相談を受けて、県などの仲介もあって一時は別居もしていたという。森さんは06年5月ごろには大林容疑者と離婚したが、その後も同居しており、同署は2人の間のこうしたトラブルと今回の事件との関連を慎重に調べている。
 一方、大林容疑者に銃撃されて足を負傷した次女の里紗さん(21)は18日、入院先の病院から、携帯電話で同容疑者を説得した。大林容疑者は説得に対して比較的、平静を保っている様子といい、激高するようなことはないという。また、次女は母の森さんとも同日、携帯電話で会話出来たといい、森さんは無事な様子だったという。
 現場では、18日未明以降も捜査員が徹夜で警戒を続ける一方、大林容疑者の説得を試みたが、同容疑者はこれに応じず、こう着状態が続いた。現場周辺は半径約300メートルに渡って立ち入り禁止の警戒線が張られ、周辺の小中学校や幼稚園などは18日早朝に休校、休園を決めたほか、付近住民もかたずを飲んで事件の成り行きを見守った。
 一方、県警は死亡した機動隊特殊急襲部隊(SAT)隊員の林一歩巡査部長(23)を司法解剖する方針で、詳しい死因などを調べる。
(引用:yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000030-mai-soci
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。