元タカラジェンヌの真矢みき「真矢みき はどんな女か?・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元タカラジェンヌの真矢みき「真矢みき はどんな女か?


“新キャリアウーマン女優”の誕生か。
 元タカラジェンヌの真矢みき(42)が大躍進をみせている。産業能率大学が新入社員を対象に実施した「理想の上司」アンケートで女性部門3位に選ばれたのだ。
 1位は篠原涼子、2位が黒木瞳というおなじみの名前が並ぶ中、昨年45位だった真矢が一気にジャンプアップした。それだけ真矢の露出が増え、キャリアウーマンのイメージが定着してきた証左だろう。
 かつて宝塚でトップスターを務めた真矢は98年に退団して鳴り物入りで女優デビューした。しかし、いまいちパッとしない状態が続いた。
 転機が訪れたのは03年。大ヒット映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」で女性管理官役を演じて好評を博し、知名度が急上昇。「踊る??」シリーズの映画「容疑者 室井慎次」(05年)、特別ドラマ「弁護士 灰島秀樹」(06年・フジテレビ)にも登場するほどのハマリ役になった。
 以後、ドラマで指導教官、雑誌編集長、女検事などを演じ、いまや働く女性を演じたら第一人者といってもいい。
「彼女はバリバリのキャリアウーマンから、ちょっと抜けたドジな上役までさまざまなタイプをこなすことができ、実際に社会で働いているOLを中心に共感を得ています。宝塚時代に男役のトップだったことも、“毅然とした女”がハマる要因でしょう」(テレビ関係者)
 次はどんな“上司”を演じるのか。

(引用:yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000005-gen-ent
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。