アコムの08年3月期の最終利益、黒字転換の見通し・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコムの08年3月期の最終利益、黒字転換の見通し


[東京 10日 ロイター] アコム<8572.T>は10日、2008年3月期の連結純損益が470億円の黒字になるとの見通しを発表した。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト10人の予測平均128億円を上回った。2007年3月期の純損益は4379億円の赤字だった。
 最終損益が08年3月期に黒字転換するのは、利用者が法律の貸出金利を超える利息の返還を請求してくるのに備え、大幅に積んだ引当金を取り崩して対応することができるため。アコムは07年3月期決算で5年分の引当てを積んだため08年3月期も返還請求に対応できる格好となるが、決算会見で木下盛好社長は「依然として厳しい状況には変わりない」との認識を示した。
 営業収益は3683億円(前期は4236億円)となる見通し。アコムは、6月18日以降の新規契約の貸出金利を18.000%に引き下げることも発表した。現行の貸出金利は27.375%。
 改正貸金業法の施行で上限金利の引き下げが必要となるまでには猶予があるほか、上限金利の引き下げは目先の収益圧迫につながるが、木下社長は「早期に新しい金利のもとで顧客を獲得すれば(アコムの)企業価値向上につながると判断した」と説明した。
 08年3月期の年間配当は1株100円で、前年と同水準になる見通し。
 07年3月期の営業損益は851億円の赤字、純損益は4379億円の赤字だった。利息の返還請求に備えて引当金を積み増したほか、コスト削減のため、早期退職希望者の退職加算金など特別損失を計上したことが響いた。

(引用:yahooニュース
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。