【スマックガール】5・19前職SMの女王様が今度は格闘技で女王の座を狙う!・今日の気になったニュース、出来事を綴る日記です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スマックガール】5・19前職SMの女王様が今度は格闘技で女王の座を狙う!


 5月19日(土)東京・歌舞伎町の新宿FACEにて、キルゴア/スマックガール実行委員会主催『SMACKGIRL2007~最強はUSAだと女王は言った~』(夜)及び『SMACKGIRL-F 2007 ~The Next Cinderella Tournament 2007 2nd Stage~』(昼)の昼夜2大会が開催される。その記者会見が4月24日(火)東京・水道橋のFANGジムにて行われた。  夜の部で『スーパーギャルズミックス杯無差別級トーナメント決勝戦』をサンボ世界選手権金メダリストの武田美智子(空手道禅道会)と争うのは、このトーナメントでデビューを果たし、一気に決勝戦まで勝ち上がった超大型新人HIROKO(巴組)だ。  HIROKOは身長180cm、体重は約75kgと体格も“大型”。現役の女子格闘技選手の中で最長身を誇る。
巴組(前SOD女子格闘技道場)に入門して3年目だが、ブランクがあったという。特にスポーツをやっていたわけでなく、まったくの素人から格闘技を始めて無敗の3戦目で決勝戦を迎える。均整のとれた肉体から繰り出す打撃は強烈で、パワーもあって迫力満点。  しかも、前職は“SMの女王様”という異色の肩書きを持っている。「多い時は月80万円くらい稼いでいました」との女王様の座を捨て、今度は格闘技で女王様を目指す。この決勝戦を制した方が、同日に行われるスマックガール無差別級女王タイトルマッチ、現女王アマンダ・ブキャナーVS挑戦者・高橋洋子の勝者への挑戦権を得るのだ。  元々はM男を痛めつけるための技を覚えるために格闘技を始めたというHIROKO。DVDを何本も出すほどの人気女王様だったが、記者会見に出るのは初めてとのことで若干緊張気味。「とりあえず勝ちたいんで、頑張ります」と挨拶するにとどまった。  相手を痛めつけることよりも、「試合で勝った時に写真を撮ってもらえるのが嬉しいし、気持ちがいい」というHIROKO。女王様時代は痛めつける一方だったため、試合で殴られると腹が立つのかと思いきや、「やられても夢中になっているのでムカついたとかはあまり考えませんね」という。 (引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 今日のこんな出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。